帝京大学老人保健センター 慈宏之里(じこうのさと)

慈宏之里(じこうのさと) - 「健康な老後」をテーマに、私たちは治療ではなくケアを心がけています。

慈宏之里新聞「さえずり」

慈宏之里新聞「さえずり」

広報さえずり(ホームページ版) 第010号
発行者 帝京大学老人保健センター
044-777-1711(代表)

ご挨拶                     

帝京大学は1966年に誕生し、2016年に50周年を迎えます。当施設も1992年にスタートし、2016年4月で24年がたちます。当時は老人保健法による老人保健施設として運営し、2000年より介護保険法による介護老人保健施設として運営し現在に至っています。協力病院として帝京大学医学部附属溝口病院があり、大学病院と密接な連携のもとに運営しております。入所は156床(ショート16床を含む)、通所20人の施設として開設より運営してきており、川崎市宮前区の第三京浜沿いに位置しております。
これまで実施してきたサービスと共に、、ご利用者本位のサービスを提供できるよう努力していきたいと思っております。
施設理念である 「 その人らしさを大切に 」 を基本に職員一同頑張っておりますので、今後共施設の運営に対し深いご理解とご支援を賜りますようお願い致します。
50周年のロゴマークは零の部分が三重の円を描いており、本学の教育指針
である「実学」「国際性」「開放性」を表しており、この円が除々に広がり拡大するさまは、本学がこれからも進化発展することを表しています。

 

施設理念

その人らしさを大切にします

基本方針

  1. 1. 慈愛
    「慈しみはぐくむ」を基本にやさしさと思いやりをもって接します。
  2. 2. 人権
    利用者様1人1人の人格を尊重し真心をこめたケアを提供します。
  3. 3. 信頼
    安全で開放的な環境を提供するため質の向上に努めます。
慈宏之里では年間を通じていろいろな行事を行なっています。

行事のご紹介
施設では年間を通してさまざまな行事が行われています。施設の三大行事としては運動会・納涼祭・クリスマス会が毎年行われています。行事の様子を御覧になりたい方は、右側のサンタさんをクリックして下さい。 click
栄養科より - イベント職のご紹介

施設行事(平成29年7月 〜 平成30年6月)
H29年  行事 H30年  行事
7月 沖縄民謡の会
誕生会
1月 誕生会(鏡開き)
お香の会            
8月 納涼祭
誕生会
2月 民謡鑑賞会(米谷和寿会)
誕生会&豆まき        
9月 人形劇
誕生会
ギター演奏
3月 民謡鑑賞会(ひまわり会)
誕生会
ヒデキバレエ
10月 お香の会、紅茶の会
誕生会
民謡鑑賞会(友志会)
4月 運動会
誕生会
11月 焼き芋の会
アコーディオンの会
誕生会、買い物ツアー
5月 誕生会
松井夢二歌謡ショー
12月 クリスマス会
誕生会
6月 お料理教室
誕生会
買い物ツアー


さえずり 施設内広報 豆知識

お茶の歴史
平安時代に中国から伝わり、当初はお薬として飲まれていました。
千利休らによって茶の湯となり、世界に誇る茶文化となる一方、江戸時代には煎茶を飲む習慣が民衆にも定着しました。「日常茶番事」
「無茶苦茶」と言った言葉の他、茶葉で染める「茶色」と言った言葉もあり、日本の暮らしにいかにお茶の文化が根ずいていたかがわかります。基本的に、日本茶、ウーロン茶、紅茶は同じ茶葉で加工法が異なるだけです。同じ文化を持つ日本、中国、英国の飲み方やお茶に対する考え方が違うのも、お茶の魅力のひとつですね。日本茶には煎茶、ほうじ茶、玄米茶、玉露、抹茶などがあります。
                                               

季節の豆知識 「八十八夜」とは
立春から数えて88日目、雑説のひとつです。この頃から霜がおりなくなるので、稲の種まきや茶摘を始める目安とされてきました。八十八の字を組み合わせると「来」となるように、米作りには八十八もの手間がかかるといわれ、末広がりで縁起が良い数字なので、豊作祈願の行事や夏の準備を始める吉日とされています。

季節の豆知識 「端午の節句」
端午の節句は古代中国の菖蒲を使った邪気払いの行事が起源になっています。端午とは「月初めの牛の日」という意味ですが、後に5月5日となりました。この行事が奈良時代に、日本古来の早乙女の神事(田植えをする女性が菖蒲の家で身を清める行事」と結びついて広がりました。菖蒲が「尚武」や 「勝負」といった言葉に通じることから、江戸時代から男児の成長を願う行事に変化し、鯉のぼりや鎧兜をかざるようになりました。昭和23年に男女の別なくこどもの幸せを願う「こどもの日」になっています。時代と共に少しずつ変化し、その時代の形で行事が受け継がれていっているのは、とても面白いですね。




施設で委託している清掃業者 「 TOO 」 さんです。

私達はプロの集団です!

施設を気持ち良く清潔に利用して頂くために清掃は重要な役割を担っています。
当施設は品質管理の国際規格であるISO9001の認証を受けており、病院受託責任者の資格を持つ責任者の他7名のスタッフにより厳格なマニュアルに従ったきめ細やかな清掃作業が行われています。
又、清掃作業は品質管理課による月1回の点検と、半年に1回、監査が行われ、清掃の品質管理が行われています。
施設を利用される方々のために “ 仕事には厳しく、心はやさしく ” をもっとうにスタッフ一同日々の清掃作業に励んでいま
す。

フォトギャラリー
 


施設からのお知らせ

■国民健康保険証及び後期高齢者医療被保険者証

入所中病気等で医療機関に受診しなければならないことが発生します。入所時に被保険者証を提示されてない方は、至急施設に提出下さるようお願いいたします。医療機関では被保険者証の原本のみの受付となりますが、仮の手続きとして緊急受診の際、大変必要なものとなります。又保険証が変更になった場合も必ず施設にご提示下さい。
国民健康保険証及び後期高齢者医療被保険者証は毎年7月末日が有効期限になっています。新しい保険証がご自宅に郵送されて
きますので、届きましたらすみやかに施設(1F事務室)までご提出下さい。
医療機関での受診の際、受付にて必ず必要となり、保険証がない場合は状況により自費扱いになる場合がありますのでご注意下さい

■介護保険負担限度額認定証

食事及び居住費等の負担額が減額の対象になる方は、必ず認定証を施設に提出してください。期日までに提出がないと減額はできません。さかのぼっての返金はできませんのでご了承ください。尚、申請は最寄の区役所となります。毎年7月末日で期限が切れます。ご注意下さい。8月1日以降も減額を受けるためには、更新申請を行い審査を受ける必要がありますので、減額を希望される方は至急
区役所で手続きを行ってください。
認定後、新しい証書が郵送されてきましたら、すみやかに施設(1F事務室)にご提出ください。提出されませんと、減額認定されなかったという判断通常の請求金額となります。さかのぼっての適用はできませんので、くれぐれもご注意下さい。


編集後記
オリジナルの広報紙として発行しております。日頃の施設の様子を少しでもお伝えできるばと思いこれからも色々と情報を提供していきたいと思います。今後共入所者の皆様やご家族様のご理解とご協力をお願い致します。