帝京大学老人保健センター 慈宏之里(じこうのさと)

  • 慈宏之里(じこうのさと) - 「健康な老後」をテーマに、私たちは治療ではなくケアを心がけています。

慈宏之里新聞「さえずり」

栄養科だより



イベント食や食材について
食事を生活の中の楽しみのひとつにして頂きたいとの考えにより、月に2回イベント食を提供しています。運動会、クリスマス会など施設の行事に合わせて献立を作成したり、季節の食材を取り入れて提供しています。
クリスマスケーキは、入所されている方と一緒にデコレーションを行いました。
又、レクリェーションとして、餅つき・焼き芋・紅茶の会なども実施し、日々を楽しく過ごして頂けるよう努めています。
 

帝京大学は1966年に
 誕生し、今年で50週年
を向かえます。 

 ロゴマークは本学の教育
指針を表しています

  実学・国際性・開放性
    



デイサービスにおけるスィートポテト作り
バレンタインデーお料理とのことで、スイートポテトを作りました。さつまいもを潰したり、滑らかになるまでよく混ぜたりと、
力仕事が多かったこともあり、男性の方にも快く手伝ってもらいました。

フォトギャラリー
                
スイートポテトのレシピ    材料20人分

さつまいも800g、砂糖120g、塩少々、黄卵4個、バター60g、牛乳120CC、水少々
1.サツマイモの皮を剥き、15cmの厚さの輪切りにして、しばらく水にさらします。
2.鍋にサツマイモを入れ、竹岸がスッと通るくらいになるまで、たっぷり水でゆでます。(すべてにサツ  マイモがちゃんと煮えていつか確認する)
3.お湯を切り、サツマイモが熱いうちに細かく潰します。(滑らかな食管になるには、ここの頑張り次第  です)
4.バターを入れてよく練り、牛乳・砂糖・塩を加えて弱火にかけます。
5.水分を蒸発させて、さつまいもがもったりするまでよく練り、火を止めます。
6.あら熱を取り、卵黄2個を加えよく混ぜます。
7.6を好きな形にして、クッキングシートを敷いた天板に並べます。表明につやだし卵黄2個+水を塗り  ます。
8.180度に温めておいたオーブンに入れ、20分焼きます。表面に焼き色がついたら完成です。
     


通所リハビリのイベント
さつま芋について

<栄養分は>
主成分はデンプンですが、各種ビタミンやミネラル類も豊富に含まれています。またセルロース・ペクチンといった食物繊維が非常に多く含まれているのも特徴です。たんぱく質と脂質を補給すれば、理想的な食事ができる
という意味で、準完全食品とも言えます。

<食物繊維>
さつま芋は野菜の中でも、特に食物繊維を多く含んでいます。便秘を解消させるだけでなく、血液中のコレステロールを低下させる作用もあります。又、血糖値をコントロールする働きもあります。

<カリウム>
さつま芋には、米飯の18倍のカリウムを多く含んでいます。腎臓からナトリウムを排泄する作用があるため、血圧低下に効果的です。また食物繊維のナトリウム吸着作用や便秘予防効果も加わるので、さつま芋は高血圧の
予防食としても欠かせないものといえます。

<βカロチン>
体内でビタミンAとして働きます。中でもカロテノイドは脂質抗酸化物質として生体膜を守り、ガン細胞の増殖を抑制する働きがあると言われています。

<美味しい焼き芋作りには>
3つのポイントがあるとのこと。
1.焼き上がりのまでの時間。デンプンを甘みにかえる酵素が、70度Cくらいで活発に働きます。ですから赤外   線でじっくり加熱されると甘い焼き芋になります。
2.水分に加熱。約40分くらい焼き、水分が65%程度がもっともおいしいそうです。
3.収穫後、2ケ月後寝かせる。熟成させることによってさつま芋自体の甘みも増し、焼いたときにさらに甘みが強  くなります。新聞紙でくるんでおくだけでよいそうです。

イベント食


その他の行事

3月/紅茶の会

3月/紅茶の会


4月/ドライブツアー

12月/餅つき

12月/餅つき

4月/ドライブツアー

さえずりのTOPページに戻ります